どうあるべきか、議員定数・議員報酬

2010年9月1日 10時34分 | カテゴリー: トピックス

ネットニュース91号 配布中

まちカフェ日記より「熊本市慈恵病院「こうのとりのゆりかご」視察
まちカフェ日記より「熊本市慈恵病院「こうのとりのゆりかご」視察
1面
「どうあるべきか、議員定数・議員報酬」
 選挙前になると「議員定数」や「議員報酬」の見直しが議員提案 として出され、一見、議会改革の目玉のように見える。しかし議 論もなく多数決で即決するというのが今までの「お約束」。東村 山市議会では「特別委員会」の設置で、議員同士の議論をおこな うことに一歩道を開いた。

2面
「大塚恵美子の6月議会報告」
①スクールソーシャルワーカーの導入を
教育と福祉の連携によって子ども支援を拡げるためにスクールソーシャルワーク 機能が必要です。
②障がい者の就労支援について
昨年11月に開設された「障害者就労支援室」の状況を聞くと   ともに今後の取組みとしてトレーニング機能や職場のマッチング定着などの課題に対しての体制の増強を提案。

3面
・市民力に乾杯「石けんで市長懇談会」
・ACT安心ネットワーク構想「まちの相談スペース」が動き出す!

4面
・刺激的な所沢市の事業仕分け
・大塚恵美子のまちカフェ日記

ニュースは朝の駅頭遊説時に配布しています。
配布をご希望の方はご連絡をお待ちしています。

TEL:FAX 042-392-7677

添付ファイル